太陽光発電のイメージ

太陽光発電が10年で壊れることもあるらしいですが・・・

太陽光発電システムの導入、設置にかかる費用は、細かくは分りませんが、膨大な金額になる事くらいは分かると思います。でも、自家発電出来るシステムなので、それを生かして、電気代を浮かせていく為には、初期費用は仕方ありませんし、その節約出来た分で元が取れるのであれば、導入にもメリットがありますし、その為にはシステムの寿命、耐用年数がどれくらい持つのかは、非常に重要になってくるのではないかと思います。

しかし太陽光発電システムは、各住宅の屋根の状況、環境、などによって合ったものを設置するオーダーメイドになるので、発電量、売電量はもちろん各家庭で違ってきます。

回収出来る数式があり、それに当てはめたとしても、それで出た年数で本当に回収されるか!?となるとはっきり、そうですとは言えないのです。

なので、最低でも耐用年数の保証をしてもらって、回収だけでも済ませたいと思うのが一般論ではないでしょうか。各メーカーは約10年間の保証を提示しており、比較すれば、太陽光発電モジュールの出力保証というのは各メーカー共通しているのですが、その他、システム周辺機器、パワーコンディショナーなどと全体を保証しているメーカー(三洋電機・京セラ・三菱電機)に対し、シャープはモジュールだけの保証です。

そして、税法上、償却年数は10年~15年と言われているのですが(好条件より)、実際は約20年はみておけばいいのではないでしょうか。

もし20年寿命があるとすれば、パワーコンディショナーを一回交換になり、システムがまだ10年長持ちした場合はもう一度交換になります。

そうなった場合の寿命についての重視する点はこうなります。

1つは10年経ち、保証期間が終わってすぐに壊れる場合はかなり最悪のケースとみられます。20年経ち、期待寿命の下限で、パワーコンディショナーを1回交換で考えると、妥当なケースです。

30年経った場合、これは未知の領域となり、パワーコンディショナーの交換は2回で、導入者が望む、ずっと利用できるというシナリオです。

モジュールに関しての耐性は20年と各メーカーが現在では言われているので、10年で壊れるといったケースはかなりの最悪な状況だと思われます、そして30年稼働し続けるかどうかは、設置してみないと、何とも言えないというところです。

ピックアップ記事

  1. 草が生えたスペースに設置されたソーラーパネル
    太陽光発電システムを購入するとなれば、多額費用が必要となります。だからこそ、出来るだけ長持ちさせたい…
  2. ソーラーパネルが設置された二階建ての一軒家
    太陽光発電を導入すれば、出来るだけ長持ちさせたいと思いますよね?そこで、気になるのが、耐用年数という…
  3. 白い屋根に設置されたソーラーパネル
    太陽光発電システムの設置にかかる全体費用を考えると高価なものですので、設置した限りは、元を取りたいと…
  4. 太陽光発電のイメージ
    太陽光発電システムの導入、設置にかかる費用は、細かくは分りませんが、膨大な金額になる事くらいは分かる…

カテゴリー

アーカイブ

リンク一覧

  • スキンダック https://www.nacsampeda.org/omonasyurui/
  • PAGE TOP