草が生えたスペースに設置されたソーラーパネル

太陽光発電における『期待寿命』と『保証寿命』って何?

太陽光発電システムを購入するとなれば、多額費用が必要となります。だからこそ、出来るだけ長持ちさせたいと思いますよね?では、このシステムの期待寿命はいったい何年くらいなのでしょう。

このシステムは色々なパーツで出来上がっているので、そのパーツごとに調べていく必要があり、期待寿命ですので、保証寿命ではないので、それは気を付けてください。

太陽光発電モジュールは、一番主となるもので、各メーカーによって、異なりますが、約20年の耐用年数があるといわれており、中には約30年を超えるものもあるそうです。

このモジュールは、屋根の上に取り付けらるもので、光エネルギーを受けるところですので、とくに消耗する心配はないのですが、外にずっと置かれている状態ですので、雨風にさらされているのが実際のところで、モジュールの構成部品が劣化してしまう恐れは十分にあり、そこからの不具合の可能性はないとは言えません。

設置してからどれくらいの年数で、これが影響してくるのかは、また普及してから浅い為、残念ながら明確にデータが出せないというのが本音です。

期待寿命については次に、耐用年数が10年と言われている、パワーコンディショナーですが、これは、電子部品から構成されて消耗品になります。

その他周辺機器として、配線するケーブルであったり、発電量をチェック出来る発電モニターも、もちろん永遠でなく寿命があります。

しかし、主となる、太陽光発電モジュール・パワーコンディショナーの寿命がだいたい分っていれば、期待寿命、耐用年数が分かり、そこから収支計算も出来るので、便利だと思います。

各メーカーで保証期間も設けてあり、だいたい10年と設定されているので、太陽光発電モジュールを購入してから2~3年で壊れて取りかえないといけない!!という事は、滅多にないとされています。

万が一トラブルが起こった場合でも適用項目に沿っていれば、大丈夫ということです。

ピックアップ記事

  1. 白い屋根に設置されたソーラーパネル
    太陽光発電システムの設置にかかる全体費用を考えると高価なものですので、設置した限りは、元を取りたいと…
  2. ソーラーパネルが設置された二階建ての一軒家
    太陽光発電を導入すれば、出来るだけ長持ちさせたいと思いますよね?そこで、気になるのが、耐用年数という…
  3. 草が生えたスペースに設置されたソーラーパネル
    太陽光発電システムを購入するとなれば、多額費用が必要となります。だからこそ、出来るだけ長持ちさせたい…
  4. 太陽光発電のイメージ
    太陽光発電システムの導入、設置にかかる費用は、細かくは分りませんが、膨大な金額になる事くらいは分かる…

カテゴリー

アーカイブ

リンク一覧

  • スキンダック https://www.nacsampeda.org/omonasyurui/
  • PAGE TOP