ソーラーパネルが設置された二階建ての一軒家

太陽光発電を出来るだけ長持ちさせたいのですが・・・

太陽光発電を導入すれば、出来るだけ長持ちさせたいと思いますよね?そこで、気になるのが、耐用年数というもので、システムの寿命はどれくらいなのか、メンテナンスをどれくらいしたら長持ちするのか、そしてその費用はどれくらいかかるのか、と色々考えてしまいがちだと思います。

一般的に耐用年数は約20年だと言われているのですが、どんな種類のシステムを設置するのか、設置する場所の環境、設置する屋根の状態、など、様々な条件が各世帯で違ってくるので、はっきり、この年数は持ちますと、一概には言いきれません。

基本、屋根に設置する、太陽電池、モジュールは、高価なものですし、素材、質などもしっかりしているので、長持ちは考えられますが、周辺機器も稼働させる為にはとても大事ですし、この周辺機器の寿命は約10年と言われています。

ですので、これを第一段階として、10年区切りを目安にすると考えやすいかもしれません。そして10年後に取りかえる事によって、モジュールも長持ちさせる可能性もあります。

そして、購入してからの保証期間というものも存在しますので、それがどれくらいの年数適用されるのか、導入する時は、耐用年数、保証期間というものがどれくらい設定されているのかを重視しておけば良いと思われます。

あと、耐用年数も、各メーカーに問い合わせてもいいと思いますし、カタログだったり、ホームページでも紹介されているので、見比べて、検討するといいと思います。

ピックアップ記事

  1. 白い屋根に設置されたソーラーパネル
    太陽光発電システムの設置にかかる全体費用を考えると高価なものですので、設置した限りは、元を取りたいと…
  2. 草が生えたスペースに設置されたソーラーパネル
    太陽光発電システムを購入するとなれば、多額費用が必要となります。だからこそ、出来るだけ長持ちさせたい…
  3. ソーラーパネルが設置された二階建ての一軒家
    太陽光発電を導入すれば、出来るだけ長持ちさせたいと思いますよね?そこで、気になるのが、耐用年数という…
  4. 太陽光発電のイメージ
    太陽光発電システムの導入、設置にかかる費用は、細かくは分りませんが、膨大な金額になる事くらいは分かる…

カテゴリー

アーカイブ

リンク一覧

  • スキンダック https://www.nacsampeda.org/omonasyurui/
  • PAGE TOP